屋上ガーデンのある「ベル、ブルック&キャンドル」

bb4.jpg

「ファーム•ツー•テーブル(農場から食卓へ)」をコンセプトに、新鮮な野菜類を調理するヘルシーレストランが流行ですが、最近はこのコンセプトをさらに追求し、ルーフトップのガーデンで自家栽培した野菜を調理する「ルーフトップ•ツー•テーブル(屋上ガーデンから食卓へ)」のレストランが注目されています。

ウェストビレッジにあるボヘミアンな雰囲気が漂うレストラン「ベル•ブック&キャンドル」もその一つ。ロバートデニーロやノブレストランの松久信幸との共同でいくつものレストランをプロデュースしてきたベテランであるオーナー&シェフのジョンムーニー氏に取材してきました。

 

場所はウェストビレッジにある築100年といわれるノスタルジックなビル内。

むき出しのレンガ壁や重厚な木製テーブルが並び照明が落とされた店内は、まるで古き良き時代のジャズクラブのよう。NYらしい、ボヘミアンな雰囲気が漂っています。

 

bb2.jpg

このレストランのモットーはローカルとサステナブル。ビル屋上に、エアロポニックのバーチカルガーデン(土を使わずに、タイマー制御で継続的に培養水をルーツに供給していく水耕栽培法)を設置し、キュウリ、メロン、なす、ハーブ類など、100種以上の野菜を自家栽培しているそうです。

大都会の屋上を有効に使い、効率よく有機野菜を栽培するというアイディアが画期的です!

 

bb1.jpg

 

bb3.jpg

ルーツなどは調理寸前まで切り落とさずに、野菜の新鮮さをキープ。調理する日に収穫するから冷蔵庫にトマトやレタスを保存することはないそうです。だから野菜類が本当にフレッシュでデリシャス。「屋上農園から食卓へ」という究極の天然ローカルフード提供を実践しているわけですね。

 栄養が偏りがちと言われる外食の観念を一掃し、採りたての新鮮野菜で体の内側からきれいを磨く。外食もぐんと楽しくなりそうです!

 

ベル、ブルック&キャンドル
Bell, Brook & Candle
www.bbandcnyc.com
212-414-2355